メンズスキンケア道場

半歩先行く男のスキンケアマガジン

*

男性も気にすべき肌タイプ別のスキンケアのコツ

      2018/11/01

男性も気にすべき肌タイプ別のスキンケアのコツ

人には個性があります。そして、それぞれ違う顔を持っています。

さらにお肌も人により違います。だとすると、全員同じようなスキンケアをしていては、肌に合わないケースも出てしまいます。肌質は、大きくは乾燥肌、敏感肌、脂性肌に分けることができます。

乾燥肌(かんそうはだ)のスキンケア

文字通りお肌の水分が少ない状況です。女性に多いのが乾燥肌でしょう。乾燥肌の人は、冬場の時期の肌の乾燥がひどく、粉をふいていることもよくあります。

そのままにしていると、角層も固くなってしまい、カサカサで硬そうな印象のお肌になってしまいます。できれば、瑞々しいお肌をキープしておきたいところです。

顔の部分では、口の周り目元乾燥が多いようです。やはり、冬場の乾燥した空気が一番の原因ですが、生活習慣も改める必要があります。

乾燥肌のスキンケアは、「保湿」が最も大切です。刺激の少ない洗顔料や保湿できる化粧水で、角層を潤い成分でバリアしてしまいましょう。

敏感肌(びんかんはだ)のスキンケア

敏感肌(びんかんはだ)のスキンケア

敏感肌の方の中には、アレルギーのためもともと敏感肌で困っている、という方も多いはずです。

そうでなくても、体調の変化や空気の乾燥により、肌のバリア機能が低下すると湿疹やかゆみ、赤みができてしまうことがあります。

敏感肌の人は、角層が荒れています。刺激が強かったり、洗いすぎると症状を悪化させてしまいます。

スキンケア商品を使うときも、洗浄成分が強すぎるものなら、肌がヒリヒリしてしまいます。アルコール成分が少なく天然素材を使った洗顔料や化粧水がオススメです。

肌のターンオーバーを正常化させることで、元の潤いのあるお肌に戻ります。

脂性肌(しせいはだ)のスキンケア

脂性肌(しせいはだ)のスキンケア

男性に多いテカテカ肌の脂性肌ですが、肌トラブルにもなりやすい肌質です。

脂性肌の方は、余分な皮脂がたくさん出てしまっていることが原因です。特に男性ホルモンが過剰に分泌されている方は、脂性肌になりやすいようです。

思春期の男性にニキビが多いのも、男性ホルモンが主原因のようです。

皮脂分が多すぎるので、汚れや皮脂をしっかり洗い落とせる洗顔料がベストです。通常の石鹸でしっかり洗い落とすといいでしょう。

化粧水さっぱりタイプのものを使用してください。化粧水をしないままだと、乾燥を防ごうと肌の機能がせっかく落とした皮脂を再び過剰に分泌してしまうからです。

男性も気にすべき肌タイプ別のスキンケアのコツ まとめ

男性も気にすべき肌タイプ別のスキンケアのコツ まとめ

肌タイプには、乾燥肌敏感肌脂性肌の3タイプがあります。それぞれの特徴と簡単なスキンケアに関するポイントをお伝えしました。

自分の肌質を知って毎日のスキンケアをしっかりと実践していくようにしましょう。

 - スキンケア, 肌の悩み

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

       
洗顔後に肌がカサカサする人必見!洗顔で乾燥肌対策
洗顔後に肌がカサカサする人必見!洗顔で乾燥肌対策

目次間違った洗顔方法が乾燥を招く!乾燥肌の人のための正しい洗顔方法洗顔料を使った …

サプリメントで人気の栄養のビタミンCの働きとは
人気のビタミンCサプリメント!気になる肌への効果とは?

目次ビタミンCの働きと摂取量の目安ビタミンCの摂取目安量過剰摂取に関してビタミン …

マメな肌の保湿について
男性にも求められるマメな肌の保湿について

年齢とともに増えてくるシワやたるみ・・・。 たるみは表情筋や骨格の影響もあるので …

冬の乾燥を乗り切るために今始めるスキンケア
冬の乾燥を乗り切るために今始める男性のスキンケア

目次男性の肌を知り正しいスキンケア方法で乾燥を防ぎましょう男性肌の特徴正しい洗顔 …