メンズスキンケア道場

半歩先行く男のスキンケアマガジン

*

日焼けのケアを怠ると・・・男性の皆さん、その肌本当に真っ黒のままでイイの?

      2019/06/18

 

日焼けのケアを怠ると・・・男性の皆さん、その肌本当に真っ黒のままでイイの?

日焼けが原因で起こる男性の肌トラブル

日焼けした肌は非常にダメージを受けた状態です。代表的な肌トラブルを3つご紹介しましょう。

肌の赤み・ほてり

代表的な表情といえば、肌が赤くなるということ。これは、軽い火傷のような状態と同じです。
日焼けというと、ただ肌が黒くなっているだけの状態を想像しがちですが、火傷を想像するといかに肌にとって良くないものなのかがわかるでしょう。

乾燥

肌の中の水分が不足し、潤いがなくなってしまうと、乾燥しやすくなります。
普段から乾燥肌に悩んでいる方は様々な肌トラブルを抱えているのですが、こういった状態と同じく乾燥した肌はさらなる状態の悪化を招く原因です。

吹き出物などもできやすくなるので、気をつけておきましょう。

シワ・たるみ

紫外線は波長の長さがあり、UVA、UVB、UVCという3種類に分類されます。
このうち、UVAはシワやたるみの原因にもなってしまうのです。

また、UVBに分類される紫外線はしみやくすみを作る原因となります。男性でもいつまでも若々しく、しみやくすみのない健康的な肌を目指したいですよね。

全く紫外線対策をしていないとどんどん肌の老化が進んでしまうので、十分な注意が必要です。

日焼けのアフターケアは怠らないように

日焼けのアフターケアは怠らないように

最も重要なのは、日焼けをしないための対策です。日焼け止めを塗ったり、紫外線量の弱い時間帯を選んで外出するなどの対策をとりましょう。

ですが、うっかり日焼けしてしまった場合はアフターケアをすることが大切。
正しいアフターケアについて解説します。

できるだけ早く冷やす

先述したように、日焼けした肌は軽い火傷と同じ状態です。
肌の炎症を抑えるためにはしっかりと冷やしましょう

冷たいシャワーを浴びるのも良いですし、保冷剤をタオルに包んで肌に当てる方法もあります。
肌の炎症がひどくならないうちにしっかりと冷やすことができれば肌トラブルを予防できる可能性が高くなるので、しっかり冷やしましょう

あまり冷やしすぎて凍傷にならないように気をつけてくださいね。

保水・保湿

紫外線の影響で肌の水分量が少なくなっているので、保水と保湿をしっかり行います。
できるだけ肌に負担の少ないタイプの商品を選択しましょう。

こまめに保水と保湿をすることにより、肌の水分量を取り戻すことができます。

美白

美白化粧品を使ってケアするのもおすすめです。
ただ、日焼けした直後の炎症の強い肌に使うと成分が強すぎる場合もあるので、日焼けが落ち着いてから取り入れるようにしましょう。

こちらもできるだけ肌にとって刺激の少ないものを選んでおくと安心です。

日焼け後におすすめのケア商品をご紹介

日焼け後におすすめのケア商品をご紹介
日焼け後は、丁寧なアフターケアをすることにより早く状態を改善させることができます。
次のような対策も取り入れてみてくださいね。

シーブリーズ「全身薬用ローション」

ニキビやテカリ、肌荒れを予防することができる薬用ローションです。
クールタイプなので、火照ってしまった肌にもおすすめ。

同じメーカーから販売されている「センシティブ」という商品は爽快感が苦手な方にもおすすめです。

ナチュリエ「ハトムギ化粧水」

刺激が少なく、大容量の化粧水を探している方におすすめ。
とてもさっぱりしていて、全身に塗ってもコスパが良いです。

ALOINS「オーデクリーム」

非常に高い保湿力を持っている薬用のスキンクリームです。
アロエのエキスが配合されていてカミソリ負けを防ぐ効果もあるので、このあたりも魅力ですね。
しっかりと皮膚を保護し、乾燥を防いでくれます。

飲む日焼け止めもある

日焼け止めといえば塗るものでしたが、近年は様々なメーカーから飲む日焼け止めと呼べるような商品が販売されています。
肌を紫外線から守ってくれるだけでなく、できてしまったしみにも効果を発揮してくれるので日焼けの予防やアフターケアとして取り入れてみてはどうでしょうか。

日焼けによる肌トラブル別の対象法

日焼けによる肌トラブル別の対象法

肌の状態に合わせてケアの内容が変わってきます。

強めの炎症

こちらもしっかり冷やすことが大切。
凍傷に気をつけながら肌をしっかりと冷やしましょう。鎮静作用の成分が配合されている化粧水で日焼けした箇所をパックするのもおすすめです。

水ぶくれ

水ぶくれができた場合、潰してしまうと状態が悪化します。
こちらもまずはしっかりと冷やし、皮膚科を受診しましょう。
特に広範囲にわたって水ぶくれができた場合は皮膚科で診てもらったほうが安心です。

皮膚科での治療

状態がひどい場合にはセルフケアだけでは対策が取れません。皮膚科に行くと軟膏やステロイド外用薬、痛み止めなどを処方してもらえるので相談しましょう。
また、ひどい日焼けで熱中症も併発しているようなケースでは脱水症状を抑えるために点滴治療を行う必要があります。

たかが日焼けと甘く考えてしまうと、その後に大きな肌トラブルが発生して後悔することになります。日焼けはできる限り予防することが大切ではありますが、日焼けしてしまった場合はご紹介したような方法で対策を取ってみてくださいね。

 - スキンケア, 洗顔, 肌の悩み

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

       
モテる男はやっぱり小顔!小顔になりたい男性にオススメの顔のエクササイズ
モテる男はやっぱり小顔!小顔になりたい男性にオススメの顔のエクササイズ

顔がすっきりして、小顔になるための方法について調べてみました。 小顔になりたいの …

スキンケア用品を始めて買う男性には通販のトライアルセットがおすすめ
スキンケア用品を初めて買う男性には通販のトライアルセットがおすすめ

これからスキンケアを始めてみよう! そう思い立ったらまずしたいことは、スキンケア …

スキンケアを始める前に男の肌質を理解しよう
スキンケアを始める前に男の肌質を理解しよう

目次男性の肌質は普通肌・乾燥肌・脂性肌の3つ男の肌質『乾燥肌・脂性肌・敏感肌』の …

冬の乾燥を乗り切るために今始めるスキンケア
冬の乾燥を乗り切るために今始める男性のスキンケア

目次男性の肌を知り正しいスキンケア方法で乾燥を防ぎましょう男性肌の特徴正しい洗顔 …